EVERYONE

みんな

  1. Home
  2. /
  3. みんな
  4. /
  5. 社会人になったから家事について考えてみた!

社会人になったから家事について考えてみた!

社会人になったから家事について考えてみた!

社会人デビューとともに一人暮らしをはじめるという人も多いなか、いざ暮らしはじめると一番にぶつかるのが家事の大変さ。家事が得意でも不得意でも、社会人として最低限の暮らしは守っていきたい。
そんな避けては通れない家事について、一緒に向き合っていきましょう。

【Episode1】 はじめての一人暮らし、住環境は大丈夫?

社会人になって家事の大変さを実感した?

社会人のほとんどが家事は大変だと感じているよう。掃除・洗濯・アイロンがけ、炊事・ゴミ出し・片付け・・・・・・これだけの量の家事を仕事をしながらこなすのは誰でも大変なものです。
本当はやりたいのにやりきれなかったとき、生活に対するモチベーションや仕事のパフォーマンスにも影響が出てしまうという声も。日々スカッとした気分で生活するためには、家事との向き合い方が重要だとわかりますよね。

家事に関するアンケート 2020年12月 回答数:社会人男女300人 マイナビ学生の窓口調べ

衣食住が整っていると仕事のパフォーマンスがあがる

でもどうやるの? 時短家事のコツ
【Episode2】 自炊は時間もかかるし難しいってあきらめてない?

平日の夜ごはん、よく作る料理は?

普段から自炊する人も、いつもはあまりしない人も。自粛生活をきっかけに“おうちごはん”が好きになったという声は多いようです。
自炊の魅力は一番に、好きなものを出来立ての一番おいしいときに食べられること!それに、レパートリーが増えていくのはゲームみたいで楽しいものです。料理する時間がないという方は、週末の“つくおき”はいかがでしょうか。

家事に関するアンケート 2020年12月 回答数:社会人男女300人 マイナビ学生の窓口調べ

つくおきすればパパッと夜ごはんも簡単!

でもどうやるの? 時短家事のコツ
【Episode3】 パートナーとの家事コミュニケーションはどうしてる?

パートナーとの家事コミュニケーションはどうしてる?

家事分担について男女で感じ方は違う?

男女間で、家事分担についての認識は意外と開きがあるようです。男性は「家事は夫婦でしっかり分担できている」と思っているのに女性は「私ばっかり・・・」と思ってしまう。このような認識のギャップが起きてしまうのは、家事にかける時間やスキルの違いが一因なのかもしれません。そこで、普段から一緒に家事を楽しむことを習慣にしておくことを提案します!

東京都生活文化局「パパズ・スタイル」男性の家事・育児参画は進んだ?東京都の調査結果を分析

楽しく一緒に家事をすることが家族円満につながる

でもどうやるの? 男女の家事コミュニケーションのコツ
【Episode4】 家庭を持つと何が変わる?仕事・家事のこと

YUTA:29歳、公務員。家事歴 12年目。好きな家事は掃除機をかけること。MIKI:29歳、広告業界。家事歴7年目。好きな家事は洗濯物をたたむこと。

家事は分担してる?

家事を楽しむ方法は?

【将来役に立つ情報満載】家事のテクニックもっと知りたい!?

パパズ・スタイルでは男性が自分らしい家事・育児スタイルを見つけるためのヒントや家事の時短テク・アイデアが満載!
夫・パパの立場にある男性だけでなく、その周囲の人々にとっても参考となる記事を随時更新しています。

パパズ・スタイルは、男性の家事・育児参画を応援します!

本記事は、2021年1月29日~3月25日にマイナビ学生の窓口 フレッシャーズに掲載した記事を転載したものです。